プリザーブドフラワーにしやすい花の種類

バナー

プリザーブドフラワーにしやすい花の種類

プリザーブドフラワーは、生花を加工して作られた花ですが、加工しやすい花としにくい花があります。

加工しやすいのは、花びらが多く、厚みがある花です。

しっかりとしたエキサイトニュースについて気になる方はこちらです。

具体的には、カーネーション、バラ、蘭などが向いています。

花びらが薄い花や、花びらが外れてしまいやすい花は加工の際に花びらがとれてしまいやすくなる可能性が高まります。

そのため、ハイビスカスや桜などは加工が難しいとされています。

花びらが薄いものをプリザーブドフラワーにしたい場合には、中でも八重咲のものを選ぶと良いでしょう。

桜であっても、八重咲きのものであれば、美しく仕上げることができる可能性が高まります。
また、トルコキキョウも加工しやすい花といえます。オーダーメイドや、自分でプリザーブドフラワーを作る際の生花選びは、新鮮なものを選ぶことがポイントです。
花だけでなく、葉をチェックするのがポイントです。

生花は葉からいたみが始まる性質があるためです。花には旬な時期があるため、なるべく季節の花を選ぶことで新鮮なものを選びやすくなります。

めしべが色鮮やかなもの、花びらに傷がついていないかもチェックしましょう。
がくや茎にも傷がないか確認することをおすすめします。



がくが反っている場合は、花の散り始めをあらわしているので、細部にわたって確認することで美しいプリザーブドフラワーを作ることができます。



自分で楽しむことはもちろんのこと、誕生日のプレゼントやその他お祝いの際に是非プリザーブドフラワーを送ってみてはいかがでしょうか。


Copyright (C) 2016 プリザーブドフラワーにしやすい花の種類 All Rights Reserved.