プリザーブドフラワーのデメリット

バナー

プリザーブドフラワーのデメリット

プリザーブドフラワーは美しく便利に活用できる新しい花の形ですが、しかしどのようなものにでもデメリットがあるものです。
ではプリザーブドフラワーが持つデメリットとしてはどういったことが挙げられるのかというと、最も注意をしなくてはならないのは「色移りが発生することがある」という点です。



これは花同士を重ねて置いた場合もそうですし、物によっては衣服にも色が移るような場合があります。白いものほど移った色が目立ちやすくなりますから、例えばウェディングドレスなどは特に注意が必要になるでしょう。

加えて美しい状態で長期保存が出来るということはプリザーブドフラワーならではの利点と言えますが、しかし同時に「非常に壊れやすい」というデメリットを持っていることも見落とせません。


衝撃に弱いために管理には細心の注意が必要になりますし、衝撃を加えてしまうと花びらが欠けたりひび割れてしまうことが少なくありません。

目的に応じてGirls Channel情報を厳選して紹介します。

そのため管理についてはアクリルケースなどのしっかりとしたケースに入れて、なるべく移動させないような場所に置くのがベストと言えます。

またここまでは使用時、管理時のデメリットでしたが、購入の際にも一つデメリットがあります。それが「生花やドライフラワーに比べて高額である」という点です。プリザーブドフラワーはいくつかの工程を踏んでようやく完成するものですから、どうしても販売時の価格が高額になりやすい傾向にあります。



今後さらに製法が進化していけばより安く手に入る可能性もありますが、現状ではそれなりに高価なものだとして考える必要があるでしょう。

Copyright (C) 2016 プリザーブドフラワーのデメリット All Rights Reserved.